onlineshop online store

阿山農産のお米について

伊賀地方で栽培される「伊賀米コシヒカリ」は甘みが強く、粘りが強いのが特徴です。
その中でも、鞆田のお米は特に美味しいと昔から言われてきました。

鞆田のコシヒカリは伊賀米コシヒカリの中でも
「程よい甘さと粘り」「あっさりとした口ざわり」を併せ持ち
白ご飯で食べていただくことで、その美味しさを発揮します。

鞆田の田んぼで育ったお米を是非ご賞味ください。

おいしいお米の理由

気候

気候

伊賀の里は四方を山に囲まれた盆地で、内陸性気候に属しています。その為昼夜の温度差が大きく、稲にとって昼間光合成によって作られたでんぷんの消費を、夜間は冷え込みにより抑えることができます。この寒暖の差がお米に程よいストレスを与え、甘みをぎゅっと蓄えたお米を育てます。

土

伊賀地域の土壌は、古くは古琵琶湖層を形成する地域であったため、湖底にあった豊富な植物が堆積した栄養分豊かな土壌です。重粘土地帯の中でも、鞆田の土は適度な砂が含まれていることで程よい粘土質となり、水分や栄養分の吸収と保持に優れていることから、「程よい甘さと粘り」「あっさりとした口ざわり」を併せ持つ白ごはんに適したお米です。

水

私たちがお米を育てている鞆田の地は、鈴鹿山系から流れる多くの河川と豊かな地下水に恵まれています。阿山農産は、これらの水が貯えられた池より水を引いているので、良質な水を安定して田んぼに供給することができます。

疎植栽培

疎植栽培

稲の栽培間隔を通常の栽培に比べて広くとることで、風通しを良くし品質の良いお米を育てています。稲の間隔を広げることで栄養分が分散しにくく、ばらつきの少ない安定した味を保つことができます。

特別栽培米について

特別栽培米とは

特別栽培米とは

特別栽培米は、農林水産省が定めた「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に従って栽培されたお米です。その地域の一般栽培米と比べて、農薬と化学肥料の使用量が50%以下と証明されているお米だけが、「特別栽培米」と表記することができます。

阿山農産の特別栽培米

阿山農産の特別栽培米

阿山農産の特別栽培米「鞆田のつづみ」は、減農薬27%以下で化学肥料は一切使用せず、農水省のガイドラインより厳しい条件でお米を育てています。農薬の使用は必要最低限に抑え、有機肥料で手間暇かけて育てることで、体にやさしいお米が出来上がります。

残留農薬検査

残留農薬検査

残留農薬とは、お米に残った農薬のことです。阿山農産の特別栽培米は必要最低限の農薬は使用しますが、第三者の厳しい残留農薬検査をクリアし、最終的に残留農薬ゼロのお米として安心してお召し上がりいただけます。

特別栽培米「鞆田のつづみ」

特別栽培米「鞆田のつづみ」

私たちが特別栽培米を栽培している土地は、昔から「つづみ」と呼ばれています。また、鼓は日本の吉祥文様でもあり、大きく美しい音が「鳴る」ことから「実がなる」、「物事が成る」などにかけて、めでたい印として古くから用いられてきました。私たちは、慣れ親しんだ土地を受け継ぎ次世代に繋いでいく決意、豊作や成功を願う想いを込め、特別栽培米「鞆田のつづみ」と名付けました。